« 第7章 ついに着工を迎える | トップページ | 終章 本当にここに住んでいいの? »

第8章 佳境の家づくりに参加する

tatemae1  建前も無事終了。  無事でもなかったか・・・

 大工さんとのおつき合い? それだけじゃない。 家をつくるにはたくさんの職人さんが現れる。 うちの奥様は現場監督さんを驚かせるし・・・でも、結局は施主の思い入れが職人さんたちにきちんと伝わる。

 大工さんの腕前にびっくりしたと思えば、設計事務所から大工さんへの指示が曖昧で居間の床板にねじ釘が露出してしまったり、いろいろな出来事があります。
 完成品を買うとなるとすべてクレーム対象になるのですが、いっしょに参加して、いっしょに考えていると、こうした問題もどう解決するかいっしょに悩むのです。
さて、どう解決したか? 大工さんの鑿(ノミ)を使わせてもらう機会ができました。なかなか楽しい出来事でした。 

« 第7章 ついに着工を迎える | トップページ | 終章 本当にここに住んでいいの? »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事