« ひなたぼっこ | トップページ | 薪小屋の作り方のポイント »

薪ストーブのある生活

peis 11月をすぎるとそろそろ寒くなり、薪ストーブに火を入れます。
木が燃える香りを吸い込むと、またここちよいシーズンがきたなぁと思います。 冬がちかづくとスキーにいきたくなったり、
寒い冬に鍋をつつくと幸せになるあの気持ちと同じです。

薪ストーブの良さは本を読んでいただきたいと思いますが、山奥の山荘でもないのに一般の家に薪ストーブって使えるの?という私自身がいだいていた疑問と実際についてまとめてみます。

*薪ストーブと暖炉どちらがいい?
薪ストーブのほうがいいと思います。 多少の方式の違いはありますが薪ストーブというのは、ストーブの”箱”のなかで空気量を調整しながら効率よく火を焚いて、箱が熱くなって周りを暖めます。 見聞きした限りでは暖炉は焚き火をしている状態と同じらしいです。 顔面は熱くて背中はスースーという感じのようです。
薪ストーブで扉を開けて炊いたときがおなじような状態になると想像しますと、薪からの熱線が直接あたってとても熱いです。 燃えさかる焚き火の前にいるのとおなじです。 空気もいき良いよく吸い込まれて煙突に抜けていきます。 ということは、その量だけ部屋の外から冷たい空気が吸い込まれていることになります。 逆に、薪の燃えるいい香りや木のはぜる音などが直接伝わってなかなかいい雰囲気になるだろうとおもいます。

薪ストーブは薪をボウボウ燃やすのではありません。 できるだけ空気をしぼって熾きの状態で薪を焚きます。 それによって”箱”全体が熱くなって周りに熱線を出します。 ストーブ自体の熱対流のほかに床や壁や天井が遠赤外線?で暖められます。 その包まれたような暖かさが、ファンヒーターやエアコンとの大きな違いです。
扉を閉めていれば煙はすべて煙突から出ていくので、部屋の中では木の燃える匂いはしません。

りっぱな石組みの暖炉で家そのものを暖められるようなものを除けば、薪ストーブの方が効率的だと思います。  以上は私の経験です。薪ストーブは使っていますが、暖炉を使った経験はありませんので、暖炉の実際の良し悪しについてはお店に尋ねたり、別のブログで調べたりしてください。

*危なくない?
適切に使えば心配することはありません。 薪ストーブは炎そのものは箱の中に閉じ込められていますから裸火の心配はありません。 けれども箱そのものは200度とか300度になります。やけどには注意。 ちいさな子供がいるときは柵などの配慮が必要。 犬については心配無用でした。 

火の調整は気を配る必要があります。 薪ストーブは箱の温度をある程度あげた状態で、薪を熾き火のような状態で炊くのが効率的です。 ちょこまかつつかず、ほったらかさず炊くのが楽しみなところです。

また、火は石油トーブのようにすぐ消える訳ではありません。寝る前や外出の予定を見越して薪をくべます。 朝起きてから火をつけて、身支度してほどなく出かけようというようなときには、薪ストーブは使えないってことです。 朝まで火が残るように調整すればいいのですが、ある程度大きなストーブじゃないと夜中に継ぎ足しが必要だと思います。 朝は即暖・確実消火の暖房機を使用。

*薪はどこから手に入れる?
薪の入手が一番の悩みです。 我が家は幸い近所に箱根細工の製材所があって、そこから毎年くず材を分けてもらっています。 くず材といっても薪ストーブには広葉樹がいいそうです。針葉樹は燃えがはやくて煤がつきやすいとか。 普通の製材所は建築資材としての杉や檜といった針葉樹が多いと思います。 毎日つかうなら近所の製材所を探すか、田舎の薪屋さんから一括大量購入するのが妥当なところではないでしょうか。
暖房費としては安いか高いか? 入手方法と使用量によっておおきく違うので一概に言えません。 我が家の場合、雪が降るのは年に数回。パイス3(peis3)で一晩にスーパーのかごにして4カゴくらいの量をつかいます。 けっこう使います。 ホームセンターに売っている薪の束を数束買ってきても一晩持ちません。

薪置き場:
また、一冬分となると置き場(薪小屋)も確保しなければなりません。 我が家の場合だと一坪くらいの面積で薪置き場を作っています。 作り方は薪ストーブを持っていらっしゃるお宅のまき置き場を参考にしました。  木組みで作るとカッコいいですが、薪の重量に耐えるものを作るのは少々大変、足場パイプを使って組むのが質実剛健のようです。

薪小屋の作り方についてはこのブログの”薪小屋の作り方のポイント”を参考にしてみてください。

「薪ストーブの本」(右側の本のリスト参照)には簡単な保管の仕方や薪小屋の例が出ています。

下記のホームページに単管パイプ(建築現場の足場材:ホームセンターで手に入ります)で作る薪小屋の解説があります。参考にしてみてください。

単管パイプで作る「薪置き小屋」

また、下記は、バーモントキャスティングス・アンコールを愛用している方のホームページです。 薪の入手、乾燥、薪割り、ストーブの調整方法、メンテナンス、などなど。 特にバーモントキャスティングを愛用、購入検討しているひとはぜひ一度ご覧ください。

薪ストーブは燃えているか

灰の始末:
灰も出ます。 普段はアルミのバケツに溜めておきますが、まとまったらどこかに捨てるしかありません。 我が家は土手にまいちゃっていますが、ふつうなら家庭菜園用にちょっと使って、あとはごみにだす? 灰ってなにごみだろう?

*煙は近所迷惑?
よほど煙突の横に隣のお宅の窓があるといった状況でもない限り問題ないと思います。
炊きはじめのときにしばらく煙がでます。 そのあとストーブの温度が上がって安定すれば煙はでません。 排気は出ているけれど、煙は見えませんということです。 煙モクモクの状態というのはへたくそな炊き方なんです。 適切に管理していれば火の粉や煤が飛ぶということもありません。 
それから風下では火を焚く臭いが少々します。 これを臭いというかいい香りと思うかは人それぞれでしょうね。
最後に気をつける点としては、やはり住宅街だと煙の出る煙突と裸火をあつかう薪ストーブが危険だと受け取られる恐れがありますね。 

参考書籍

「薪ストーブがわかる本」
設計図はありませんが、薪のストック量の計算例、薪小屋のお手本写真をそえて薪小屋のポイントを解説しています。 ストーブの火の付け方から消火まで写真付きで解説されています。 購入前の検討から使い込みまで役に立つと思います。

「田園生活の教科書―辛口のカントリーライフ入門書」
薪 割りのやりかた、斧やチェーンソーの使い方、道具の手入れのしかた、自然に囲まれた田園生活を実現するために必要な知識が、きれいな写真を豊富に使って判 りやすくまとめられています。 特に道具の研ぎかたに一章を使ってきちんと説明している点は珍しいです。 自分で薪割りをしようと思っている人にはいい参考書です。

« ひなたぼっこ | トップページ | 薪小屋の作り方のポイント »

薪ストーブ」カテゴリの記事