« 焚き木ひろい | トップページ | 焚き木ひろい2 »

5月に薪ストーブを焚く 山椒の芽の佃煮でもつくろうかと

P7060063_2 ここ数日肌寒いので薪ストーブを焚きました。
真冬の寒いときには石油ストーブなどの、なんと言うか、ストレートな温かさがうれしいですけれど、今時分の肌寒さには薪ストーブのほんわかとした温かさがここちよいです。 それに、部屋の中の湿気が飛んでさらっとするような気がします。

せっかく薪ストーブを焚いたのだから、なにか煮込み物でもしようかと考えました。
土手に植えてある山椒が芽をつけているので、山椒の芽の佃煮でもつくろうか。
さっそく土手に植えてある山椒を摘んできました。

本棚から立原潮さんの”料理と器 立原正秋の世界”という本をひっぱりだします。
この本は立原正秋さんの息子さんであり料理人である立原潮さんが、父のかおりと題して立原正秋さんの好んだ料理を紹介した本です。

蕗、山椒、鯵、茄子、大根、粕汁、はては牛の筋やレバー料理まで。 四季それぞれに、旬の料理とそれにまつわる立原正秋さんの思いで、その料理のつくり方がエッセイのようにまとめられています。 それぞれのページには、素敵な器に盛られた料理の写真が添えられていて、立原正秋さんの飾らない、それでいてつきつめられた、うつくしさとおいしさの世界が広がっています。

この本がすきで、季節ごとにパラパラとめくっては旬の食材をえらび、料理の方法を読んでためしてみます。 この本の良さは、料理のつくり方がレシピのように詳しく書いてないこと。 エッセイの中で物語のように語られているていどなので、じぶんで想像しながら味付けをきめていきくことになります。

料理はプログラムのようにつくるよりも、想像をふくらませながらつくったほうがたのしい。

さて、山椒の芽の佃煮は、
読むと、日陰で二日三日干した後に、...と書かれています。
しかたないので、竹ざるにひろげて干すことにしました。  薪ストーブでの煮込みはおあづけです。

薪ストーブをつかったおすすめの料理をひとつ。

なんのことはない、ホットケーキです。
普通にフライパンで焼くだけです。 けれども、一度やってみてください。
熱が均一にかかるので、それはそれはうつくしく、こんがりと焼けます。

« 焚き木ひろい | トップページ | 焚き木ひろい2 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

薪ストーブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 焚き木ひろい | トップページ | 焚き木ひろい2 »